東京・埼玉・神奈川の注文住宅・分譲住宅を扱うハウスメーカー、トヨタホーム東京です。

 実例 お客様の声

家全体の雰囲気をヨーロピアン調で統一し、エレガントな雰囲気に仕上げました。外観や外構はシンメトリーを意識し、白を基調とした設計に。中に入ると大型シャンデリアやレッドカーペットつきの階段がお出迎え。夜になると雰囲気が一変し、住む人に特別感を感じさせる、贅沢な雰囲気のある邸宅となりました。
 
木調ルーバーや外壁、機能門柱のデザインで素材感を強く感じさせる外観の賃貸併用住宅です。 2階の賃貸部分はコンパクトなカウンターキッチンを備えるとともに、一室ごとに部屋のカラーを変更することでテーマを設け、空室を抑えた工夫をしています。 
 
最初は分譲マンションを検討していたと言うI様ご夫婦。たまたまトヨタホームの展示場を見たことをきっかけに家づくりの夢が膨らんでいきました。広さを求めたリビングは鏡面仕上げの石調タイルを床や壁に貼りモダンにコーディネート。「リビングの居心地は最高。自慢の空間ですね」とご満足のご様子です。
 

街並にモダンな雰囲気を醸し出す黒い外壁が個性的。 柔らかな曲線を描くアール外壁の内側には、街の喧騒から離れた落ち着きの空間が広がります。 ルーバー付きのバルコニーは、明るさや風通しは確保しつつも外からの視線が気になりません。
 

1階の水廻り設備はホテルライクな広々とした空間です。主寝室横のウォークインクローゼットは用途別に収納できる様に棚板やハンガーパイプなどさまざまな工夫が施されています。 LDKを2階に設けたことにより、日当たりがよく明るい空間になりました。キッチンの背面収納には食器・家電などが収納でき、見た目にもすっきりとした印象です。3階の子ども部屋とクローゼットは斜線制限をカットルーフでクリアし、かわいらしくオシャレな空間に仕上げました。
 

都市部の限られた敷地を有効に使い、U様の想いをたくさん詰め込んだ住まい。ご主人の念願だったインナーガレージをはじめ、家族全員のプライベート空間、ホームパーティーができる広々としたLDKなどを設け、都心での豊かな暮らしを実現する空間づくりにこだわりました。アール壁を使ったデザインで立体感を際立たせた外観。ホワイト系とブラウン系のツートンカラーでより印象的に。
 

雨でも濡れずに出入りできるインナーガレージや、緑の中庭を眺める開放的なリビング、フロア全体を見渡すオープンキッチンなど、住む人の使い勝手を考えた快適な暮らしを演出する住まいです。
幹線道路に面しているため、窓の面積を抑えてプライバシーに配慮した外観に。ご主人が希望されたインナーガレージには、木目調のオーバースライダーを使い、シンプルなデザインの中にも柔らかさを演出しました。
 

親世帯と子世帯の生活空間を分けた分離型二世帯住宅です。玄関の左側には、履き物だけでなくゴルフバッグやベビーカーなどが入れられる広々としたシューズクロークを設けました。2階にある子世帯のLDKは明るく開放感があり、ロフトを設けることにより縦にも広がりを持った空間に仕上がりました。親世帯のLDKからはテラスにつながっており、庭を眺めることのできるゆとりのある空間を実現しました。
 

自営業を営むご主人の事務所を併設した二世帯住宅です。2・3階キャンチ部分の外壁にダークカラーを用い、白い外壁とのコントラストで立体感を強調しました。ご家族全員が集まる3階のリビングにはスケルトン階段とフルオープンサッシを採用し、空間の広がりを演出しました。2ボウル洗面台を採用することで朝の忙しい時間帯もスムーズに身支度できます。浴室の前にある家事コーナーとお気に入りの食器や置物を飾れるスペースが奥様のお気に入りです。
 

オーナー様が所有していた施設の老朽化に伴い、相続税対策も兼ねて資産活用を検討しました。トヨタ関連企業の社宅とコンビニエンスストアを誘致し、さらに賃貸住宅も提案し、安定経営を実現しました。緑を多く取り入れ、住む人にゆとりを与えるとともに、地域のコミュニティも形成される工夫をしています。
 

相続税対策で土地の有効活用を検討し、計5棟のアパートを建築しました。住宅街の中にある広い敷地のため、地域に馴染むようデザインや色彩を統一してご提案しました。地域の憩いの場となるよう、一角にコミュニティスペースを設けました。
 

白の外壁に黒いサッシのアクセントが映える都市型3階建て住宅です。玄関には大判タイルや前面鏡貼りのシューズクロークを採用し、高級感を演出。スケルトン階段を設けることで2階のLDKを柱のない広々とした空間に。1階には客間を設け、急な来客にも対応できます。広い屋上は都会の空を気持ちよく感じることができます。
 

ツートンカラーの外壁と深い軒の出が特長のI様邸。
玄関には大判タイルとアクセントタイルを貼り、間接照明を入れることで落ち着いた空間となっています。リビング横のスタディコーナーは、木調ルーバーが視界を遮りつつ、適度に集中できる空間です。3人のお子様が一緒に勉強でき、家族みんなが自然と集まれるLDKとなっています。
 

ウッドデッキを中心に庭とリビングを繋げた贅沢な平屋の住まい。ワンフロアならではの効率的な生活動線が快適な暮らしを実現しました。ワイド&ハイサッシにより明るく開放的なリビングからは広い庭も眺めることができます。また、太陽光発電と全館空調「スマート・エアーズ」を採用し、心地よい空間となりました。
 

エスパシオの自由度を最大限活かし、敷地を有効活用した医院併用住宅です。
四方が道路に囲まれた敷地のため、バルコニーは視界を遮りつつ空からの日射しを採り入れる工夫をしており、各居室を明るい空間に。
リビングの壁面にキャットウォークを設けて、愛する猫との楽しい暮らしを実現しました。
 

リゾート感を醸し出している平屋の別荘です。
海に近い立地のため水着のまま中に入れるよう土間空間を拡げました。
鉄骨住宅の特長を活かした大空間・大開口で明るく広いプライベート空間を実現しました。
キッチンにはワイドな一体型天板を使用し、カウンターでそのまま食事ができるようになっています。
 

外観のアクセントにタイルを設け、洗練された都市型デザインに仕上げました。ロフトの窓から差し込む光がリビングを明るく演出します。
バルコニーは各世帯のプライバシーを確保できるように配慮しました。 入居者の交流が生まれるようにコミュニティサークルを設けるなど、外構計画にもこだわりました。
 

バルコニーの横桟パネルや軒天、玄関ドアカラーを木調に統一することで明るくやわらかい外観にしました。玄関では、上部・中央に間接照明を設け、下部は地窓で光りの演出をしています。ダイニングキッチンはキッチン天板・ダイニングテーブル・照明にこだわり、ナチュラルモダンに統一。フルハイトサッシには天井までバーチカルブラインドを計画し、リビングに光を招き入れます。
 

外壁タイルが特徴的でシンプルかつスタイリッシュな外観に仕上げました。 忙しい朝でもご夫婦同時に使えるワイドな洗面カウンターや書斎コーナーを設け生活を豊かに。 スマートエアーズを採用したことで家中どこにいても快適な空間を実現。「スマートフォンで家中の機器を操作できるのでとても便利です」と奥様も大喜びでした。
 

外観の重厚感が特長の階建て住宅です。エントランス部分はタイルとエクステリア門扉が住宅をひときわ目立たせます。
内装はダークで統一し、間接照明を設置してリビングをオシャレな雰囲気に仕上げています。
広々としたバルコニーには木調の軒天を使い、住宅全体に統一感をつけています。
 

シンプルでオーナー様のこだわりが詰まった住宅。特にこだわったのは外壁とキッチンです。落ち着いた色合いの中に、インパクトあるファサードと、フルハイトバルコニーがプライバシーも守ります。
キッチンは家族が見渡せるI型を採用し、モダンなスタイルに仕上げています。 また、ガレージは家と一体感を持たせ、玄関からは車を見ることができる工夫も。3階まで高さのある吹き抜けは、エスパシオならではの広々とした空間を実現。昼と夜で異なる顔を見せてくれます。
 

スクエアフォルムと木調ルーバーが印象的な都市型3階建て住宅。エントランスは門柱と玄関ドア・アプローチの調和性にこだわりオシャレな雰囲気に。
リビングに吹き抜けを取り入れることで明るい光が降り注ぎます。
奥様こだわりのU型キッチンや階段入口のアーチなどが家全体をかわいらしい雰囲気に仕上げました。
 

目指したのは、将来にわたってファミリー層に「マイホームを買うよりも、ここにずっと住み続けたい」と思っていただけること。
街並みに溶け込む美しい曲面外壁デザインと自由度の高いプラン、10~20年先を見据えた付加価値の高い仕様で、 一歩先いく都市型賃貸経営を実現しました。
 

街に溶け込むナチュラルテイストな外観の店舗併用住宅。
ユニット工法の特長である大空間を活かした設計により広い店舗空間を実現。
また、エントランス部分には開口部を多く取り入れお客様を明るくお出迎え。
 

白と黒のコントラストを前面に出し、シャープなデザインのM様邸。
グレーチングバルコニーを取り入れることにより1階にも陽の光が降り注ぎます。
大理石調の床材を使用することで高級感を演出しつつ、掃除がしやすいと奥様にも好評です。
 

月日が経過するにつれて趣が増すコンクリート外壁が存在感を感じさせるY様邸。
1階のインナーガレージは高さのあるミニバンでも2台は止められる大きなスペースで、その先の玄関扉を開けると石垣風の壁が落ち着きのある玄関空間を演出します。
 

賃貸と自宅部分のエントランスをはっきり分けることで、
オーナー様と入居者様の程よい距離感を実現した、スクエアでスタイリッシュな外観の賃貸併用住宅。
家族が長時間過ごすLDKでは、キッチンから全て見渡せるようにレイアウトしました。
 

家族みんなのこだわりがたくさんつまったO様邸。
スタイリッシュなペニンシュラキッチンは収納量もたっぷり。
リビングアクセスのスケルトン階段にすることで空間を広く開放的に。
 

重厚感のある佇まいと木調ルーバーが特長的なT様邸。
スケルトン階段からは上階の光が降り注ぎ、リビングを明るく照らします。
LDKには大判のタイルを敷き詰め、キッチンにはステンレス天板を採用し、スタイリッシュな印象に。
 

インナーガレージとアプローチには高級感のあるタイルと埋め込み式の照明をあわせることで、ショールームのような仕上がりが特長のH様邸。
愛車を眺められる書斎コーナーはご主人様お気に入りのスペースです。
 

意匠性の高い木調ルーバーを立体感のある外壁と組み合わせて洗練された印象のある都市型3階建て住宅。
外からの視線をかわし、内にひらくことで陽の光を取り入れ明るいくつろぎの空間を実現しました。
 

眺望を重視し、人気の高台エリアにご建築頂きましたO様。 玄関はお二人の趣味であるロードバイクを飾れるスペースとしてご提案しました。 中庭に接しているスケルトン階段とユニットならではの大きい吹き抜けがダイニングキッチンを明るく照らします。 書斎コーナーはご主人様が趣味のDIYで一から作られたそうです。
 

青と白の外壁と、南面に向いた開放的な窓が特徴的なS様邸。
外壁にあわせた青い玄関ドアもLQならでは。
シンセシリーズの特長である大空間・大開口を最大限に取り入れたプランニングをご提案しました。2階も現在は広々としたお子様のプレイルームとなっていますが、将来的には2部屋にセパレートすることもでき、高い可変性を実現しています。
 

建物をコの字型にすることで、各部屋の採光を確保。
また、ご家族の一員であるネコちゃんの動線も最大限考えたプランを実現しました。運動不足にならないように、キャットステップを壁一面に配置し、ドアにもネコちゃん通路を設けています。階段下の有効活用方法として、ネコちゃん用のトイレスペースを確保し、見た目もスッキリ。照明計画にもこだわり、夜になるとまた別の顔を見せてくれます。
 

トヨタホームの所沢展示場を気に入って頂き、シンセフィーラスをご建築頂いたI様。存在感を感じさせる寄棟の大屋根が特徴的です。
ワイド&ハイサッシと、吹き抜けから差し込む光がリビングを明るく照らします。また、吹き抜けがあることで、2階からでもリビングの家族の気配を感じることができます。そして、広いロジアバルコニーが落ち着きと寛ぎの空間を作り出します。
 

印象的な外観が街のアイコンとなっているS様邸。 スタイリッシュなデザインで洗練さを感じながら、リゾートのようなくつろぎの空間を実現しました。 都心という立地であっても「外に向かって閉じ、内に開かれた住まい」という商品コンセプトのもとプライバシーと開放感を確保しました。
 

トヨタグループの方からのご紹介でご建築いただきましたN様。
家の基本性能を重視し、高い耐震性と大空間にこだわりました。
内外装は白を基調とした構成となっており、自然を感じさせる緑が多く配置されております。
 

タイルと木調ルーバーが特徴のスタイリッシュな二世帯住宅。
ご主人こだわりのガレージは、一歩足を踏み入れると、まるでショールームのような雰囲気。 車の配置やデザインについて設計担当と綿密な打ち合わせを幾度も重ねました。
 

3階建ての重量鉄骨造から建替えをされたK様邸。 道路面のサッシにルーバーを設置し、外観のアクセントに。 洗面室は作業スペースを設けることで、家事効率アップ。 キッチンはオーダーメイド。 また、冷蔵庫を奥のパントリーに入れることによって、スタイリッシュな空間に。
 

アプローチを抜けると、のれんの先には瀟洒な新店が。お客様がゆったりと鮨を愉しめる空間へのこだわりは、厨房と板場の動線。お客様をスムーズにおもてなしできるよう、什器の寸法や配置、焼き場の高さにまで、こだわり抜きました。また、店内をシックに演出するクロスと、和食器の風合いが、落ち着いた上質の空間を創出しています。
 

診療室の不透明性を払拭する、オープンで華やか、そして清潔感のあるデザインに。センターに配されたガラス張りの吹抜は、スタッフ全員の動きが見えるよう工夫しました。6連のスリット窓が印象的な院長室。自然採光へのこだわりと、外観の「院の顔」をデザインする意味を持ちます。
また大理石を用いた受付フロアは、高級感と併せて防水仕様に。
水を流して清掃でき、衛生的な環境を保つことができます。
 

1日のうち、ほとんどの時間を過ごされるというLDK。
天井高5mの吹抜は、空間を立体的に広く感じさせ、窓からのやわらかな日差しが、シンプル&モダンで統一された部屋全体に包み込みます。
キッチンは、趣味のパン作りのために、作業スペースを確保。
また、3帖の畳スペースが、和みの空間を演出。腰掛けたり、寝転んだり、LDKのアクセントになっています。
 

何より、客人を驚かせたかったというM様。玄関扉を開けると大理石の床が目に入るエントランスは、玉砂利とアップライトの演出が美術館を感じさせます。ペントハウス天井部まで届く吹抜とスケルトン階段を組み合わせ、空間にさらなる開放感を与えてくれます。
 

白のセラミック外壁と黒のタイル外壁のコントラストが印象的なY様邸。シャープなイメージの外観は窓の配置や形状までこだわって設計させて頂きました。ダイニングに設置されたスケルトン階段と吹き抜けで2階との繋がりや広がりも感じることが出来ます。また、計画当初からご主人様がこだわられていたインナーガレージは横幅を6メートルで設計させて頂き、ユニット構造の特徴を最大限発揮した設計にご満足頂いております。
 

30年住まわれた住宅の建て替えをご計画されていたY様。屋根には10kw以上の太陽光発電パネルを設置し、毎月の電気代もかなり助かっているとのことでした。インテリアでは、今まで住まわれていたご自宅で利用されていたシューズボックスやダイニングテーブルなどそのまま利用されたいというご要望を頂いていましたので、インテリアもそれらの家具に合わせて計画をご提案させて頂きました。
 

南側1面に繋がった広いバルコニーが特徴的なI様邸。1階に設置したブラインド式シャッター『エアリーガード』も非常に重宝しているとのことでした。 内装ではキッチンの面材と床材にこだわり、高級感を演出。リビングのアクセントに取り込んだエコカラットも部屋の雰囲気に非常にマッチングしています。
 

住居部分のコンセプトは、毎年ご家族で旅行に出かけられるという「ハワイ」。3階のリビングやダイニングには、マホガニー材を使った家具を配置するなどハワイをイメージさせる木目調のリラックス空間が広がります。またお母様が将来車椅子になった時を想定してエレベーターも設置。「実際に住んでみると荷物を運ぶのにも大活躍しています」と奥様も頻繁に使われているそうです。
 

周囲のランドマークになるような外観とインナーガレージがご要望のI様。角地の部分に配置したR外壁と暖炉の煙道にて道路面から見たデザインを意識しました。また無垢材フローリングとペレットストーブでカフェのような落ち着きと温かみのあるインテリアを実現し、ご主人様のご要望だったインナーガレージは道路との高低差を活かし、高さのある開放的な空間を演出しました。ロフト部分に配置した最上階のカフェスペースは2階のLDKと吹き抜けで繋がり、飽きのこない癒しの空間として使用して頂いています。
 

たっぷりの光を採り込み、気持ちの良い風が通り抜ける3階のリビング・ダイニングは、家族みんなの笑顔がいつも集う、とても心地良い空間になりました。また3階リビングからつづくバルコニーは、周囲の視線を気にすることがなく安心して子どもたちを遊ばせられる広々空間に。さらに3階に水回りを集めたことで、バルコニーへの行き来が楽になり、たっぷりの洗濯物でもまとめて干すことができます。二世帯みんなが心地よく暮らせる家にしたいという願いどおり、笑顔があふれる住まいを実現されました。
 

住まい全体の空間づくりのコンセプトとなっているのが、開放感の演出です。東側の広い公園を見下ろす抜群のロケーションを活かすため、景色を見渡せるように大きな窓を配置。夜はスケルトン階段をライトアップするなど、見せ方の演出にもこだわっています。「キッチンでお料理している時も、リビングでくつろいでいる時も、景色の美しさと開放感を実感できます」と奥さま。自然の心地良さを実感できる暮らしに、大満足のご様子です。
 

ご夫婦のコミュニケーションを大切にしたいという想いから、ワンフロアのリビング とオープンキッチンを実現。プライバシーにも配慮した安らぎの大空間LDKには、いつもご夫婦や友人たちの笑顔があふれています。元々、屋上が欲しかったので、屋根はフラットに。近隣への気配りをカタチにし、外観はあえて総3階建てにせず、見た目の圧迫感を抑えた造りになっています。
 

街並みに溶け込むように佇む、モノトーンの外観が印象的なW様の新居。和室と繋がる開放的なLDKのほか、子どもたちが自由に使えるファミリースペースなど、W様のこだわりの住まいには、親子の快適な暮らしを考えたエッセンスが随所にちりばめられています。水平、垂直のラインを活かし、白と黒のモノトーンにまとめた外観。大黒柱をイメージしたデザインにすることで、存在感のある直線的なフォルムをより一層際立たせています。駐車場から雨に濡れることなく出入りができるなど、使い勝手を考えた導線も魅力です。
 
トヨタホームの鉄骨軸組工法の特徴であるアール外観が目を惹く2階建ての住宅です。玄関を開けると、すぐに大きな吹き抜けと2階まで続くタイルが印象的です。 2階の廊下には、洗濯物をすぐに取り込めるスペースを設置。急な雨にも対応できると奥様にも好評です。 アールの内側はご主人様の書斎スペースに。仕事に集中したい時にはこの部屋で行うそうです。
 
トヨタホーム東京 お問合せトヨタホーム東京資料請求トヨタホーム東京展示場来店予約


PAGE TOP

 PAGE TOP
| プライバシーポリシー | サイトマップ |
トヨタホーム東京トヨタホーム東京株式会社
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-18 トヨタ九段ビル 〈フリーダイヤル〉0120-055-095 〈TEL〉03-3221-8662(代表)