サウナブーム到来!おうちサウナを楽しむ人が増えてます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って施設サウナの混雑が進み、利用を躊躇するケースが増えたこともあり、最近では「自宅でサウナ」を楽しむ人が増えています。

サウナブームにともなって「サ活」「サウナー」といった言葉も誕生したように、いま日本はサウナブームの真っ只中にいるといっても過言ではありません。

また、最近のサウナの楽しみ方として、施設サウナで一般的な100度以上の高温の中で汗を流しながらじっと耐えるドライサウナ以外にも、60度程度の低温で高湿度のスチーム・ミストサウナに人気が高まっています。

ただ、自宅でサウナを楽しむのは敷居が高そうだし、管理が大変そう、と思う方も多いと思います。

この記事では、自宅でサウナを気軽に楽しむ方法についてご紹介します。

サウナブームが到来した背景とは

この記事を読んでいる方の中には、「なぜここまでサウナ人気が高まっているだろう」と不思議に思っている人もいるかもしれません。

実は、サウナブームが起こったのは今回がはじめてではなく、これまでに2度あったことをご存じでしょうか。

  • 第1次サウナブーム:1964年の東京五輪で設置されたサウナ施設を発端に、ブームが起きた
  • 第2次サウナブーム:1990年代にスーパー銭湯の開業が相次いだことに伴ってブームが起きた

 

このように振り返ると、近年は第3次サウナブームにあたり、それらの火付け役となったのが次のような出来事でした。

  • 2016年:インフルエンサーによりサウナに関する投稿が目立ち始める
  • 2019年:漫画『サ道』がテレビドラマ化、「ととのう」というフレーズの流行

 

そして冒頭でも述べたように、最近では新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、自宅でサウナを楽しむ人が増加傾向にあります。

いま自宅サウナが熱い

「出典:東京ガス ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機(ミスティ)・浴室暖房乾燥機 ミストの効果」

自宅サウナを楽しむ方法としては、ユニットバスにミストサウナをつけるのが一般的です。ミストサウナとは、霧状になった温水を噴霧させ身体を温める温式サウナのこと。ミストサウナであれば浴槽に設置するだけで済むため、新たにサウナ用のスペースを確保する必要がありません。

また、ミストサウナには次のような効能が期待できるといわれています。

発汗による血流促進

2保湿による美容効果

3保温による冷え性改善

自宅にミストサウナを取り付ける方法として、「天井に埋め込む」か「壁に外付け」するかの2パターンがあります。

天井に埋め込むタイプは、見た目がスタイリッシュでデザイン性が高いほか、浴室換気乾燥機能と一緒になっている製品が多く見受けられます。空間を広く使え、機能性にも優れていて、ユニットバスと一体化しているため、新築時に設置するケースが一般的です。

  1. 《参考資料》
  2. 東京ガスのミストサウナ付き浴室暖房乾燥機(ミスティ)
  3. リンナイの温水式浴室暖房乾燥機バスほっと!

 

一方で、壁に外付けするタイプのミストサウナは、部分的なリフォームのみで取り付け可能です。そのため、天井に埋め込むタイプより費用を抑えられる傾向にあります。

しかし、壁に穴を開けて設置する必要があることから、建物によっては設置自体ができないことに注意が必要です。

本格的なサウナユニットを導入した物件もある

サウナ好きを公言する人の中には中古マンションをリノベーションしてサウナを導入するケースも。

自宅にサウナユニットを導入することで、いつでも自分の好きなタイミングで本格的なサウナを楽しむことができます。

しかし、その反面で、100万~200万(1人用本格サウナの場合の目安、別途工事費)といった費用のほか、サウナを設置する専用スペースの確保が難しい、メンテナンスの手間やランニングコスト、設置に際し行政への申請が必要になるケースもある、といったデメリットがあることも覚えておかなければなりません。

まとめ

今回の記事では、高まる自宅サウナ人気についてお伝えしました。

本格的なサウナ付き物件に憧れを抱く人も多いかもしれませんが、現実的に考えると、お手軽に楽しめるミストサウナの導入から検討するのがおススメです。

リラックス効果や美容効果、発汗効果が期待できるミストサウナを導入し、いつものバスタイムをより心地よく充実した空間へ変えてみてはいかがでしょうか。

トヨタホームの各住宅展示場では、お客様の様々なリクエストに対して、各住宅設備メーカーと連携しながらベストな提案でお応えしています。

この機会に是非お問い合わせください。

トヨタホーム東京の
展示場来店予約はこちら

「家を建てようかな」と思ったら、まずは週末家族へ展示場へ。
見学・体験で、家づくりへのイメージを膨らませませんか。