ネット銀行を利用するメリットと注意すべき点とは?

従来、住宅ローンを借りるには、銀行窓口に出向き申込書を記入して借入手続きをするのが主流でした。

ところが、昨今は住宅ローンを取り扱うネット銀行が増えているだけでなく、申込件数も増えつつあります。

ネット銀行は店舗型銀行のローン金利と比べて金利が低く、自宅やオフィスから自分の都合で手続きできる利便性から、ネット銀行を利用して住宅ローンの借り入れをする人が増えています。

そこで、今回はネット銀行で借り入れするメリットや注意点についてまとめてみました。

手軽さと金利の安さが魅力

ネット銀行の魅力として、手続きの手軽さと金利の安さが挙げられます。

ネット銀行は、24時間365日いつでもネットから手続きができるため、店舗に足を運ぶ必要がありません。また、取引履歴がオンラインやメールで確認できる、記帳の必要がないといった手軽さや利便性も魅力でしょう。

住宅ローンの申し込みに関しても、パソコンやスマートフォンで申し込みができるほか、仮審査(事前審査)もネットでOKです。

そのため、仕事を中断して店舗へ出向かなければならないといったことがありません。気軽にいける距離に店舗がないといった人にとっても、ネット銀行は利用しやすいといえます。

金利の低さもネット銀行の特徴のひとつです。店舗を持たない分、従来の銀行に比べて金利が安く設定されており、毎月の返済額もおさえられます。

諸費用面でも、繰り上げ返済手数料のほかに保証料や印紙代が無料となる金融期間も少なくなく、借り入れに伴う諸経費を抑えられるケースがあります。

対面で相談できるケースが少ないことがネック

ネット銀行のデメリットとして、気軽に対面で銀行員に相談がしにくい点が挙げられます。

そのため、以下のような弊害が生じやすいといえるでしょう。

  •  書類の記入方法がわからない
  • 記入ミスがあっても郵送後に指摘されるまでわからない

特に、書類に不備があると、何度もやりとりをしなければならず、かえって手間になる恐れがあります。

また、店舗型の金融機関では対面面談を通じて人柄や仕事内容、昨今の収入の状況などを総合的に検討して、住宅ローンの貸付可否を判断することが多いのに対し、ネット銀行では提出された書類を元に、機械的に審査を行うことから、審査基準が厳しくなる傾向にあるといえます。

さまざまな項目で店舗型とネット銀行を比較しよう

確かに、ネット銀行は、金利が安く自分のペースで手続きができるメリットがあります。一方、店舗型の銀行は、店舗数が多く気軽に相談できたり、融資審査時に個別の事情を鑑みてくれるメリットもあります。

そのため、金利だけでなく、利便性や対面相談、手数料など様々な項目で比較検討することが大切です。

店舗型の銀行でも好条件な住宅ローンを取り扱っている金融機関があるため、まずは選り好みせずに複数の金融機関を比較検討することをお勧めします。

もし既に土地や建築の相談をしていて、不動産会社や住宅会社に信頼できる担当者がいる場合は、その担当者に融資の相談をしてみるのも一つの手です。

会社によっては、金融機関と提携していて、一般より有利な条件で住宅ローンを借りられるケースもあるからです。

まとめ

今回の記事では、ネット銀行で住宅ローンを借りるメリットと注意点についてお伝えしました。

ネット銀行の方が金利が低く人気だからといっても、一面的な考えで決めることなく、多面的に比較検討することをお勧めします。

住宅ローンは借り入れして返済が完了するまで相応の期間がかかるため、必然的に借入元の金融機関との付き合いが長くなります。安心して長期の付き合いができるかどうか、という目線でも検討してみましょう。

トヨタホームでは、各銀行の住宅ローンについて、客観的立場でそれぞれの特徴を各展示場にて説明しています。

ぜひ、お近くの住宅展示場にお立ち寄り頂き、スタッフに相談されてみてはいかがでしょうか。

トヨタホーム東京の
展示場来店予約はこちら

「家を建てようかな」と思ったら、まずは週末家族へ展示場へ。
見学・体験で、家づくりへのイメージを膨らませませんか。