北側道路の土地の活かし方

マイホームの検討の際、土地探しからスタートする人もいるかと思いますが、どのような土地を探すのが良いのでしょうか。多くの人が日当たりの良い土地を好むかと思います。日当たりの良い土地というと、南側道路の土地が一般的に挙げられるため、逆に北側道路の土地は敬遠されがちです。でも実は、北側道路の土地でも計画次第でメリットもたくさんあります。今回はそんな北側道路の土地に関するポイントをご紹介したいと思います。

北側道路は日当たりが悪い?

北側道路の土地は、南側に建物が建っていると日当たりは南側道路に比べ劣ってしまいます。しかし、北側斜線制限という規定があり、ある程度日当たりを確保できるよう定められているのです。また、建物配置を工夫する事で日当たりが良くなることも。
逆に、南側道路の土地なら日当たりがいいとは限りません。
高層マンションに囲まれた土地であったり、実は旗竿地だったり。南側道路の土地の場合、玄関や駐車場は必然的に南側になることが多いため、日差しが遮られ、南向きの明るいLDKが思うようにつくれない可能性もあります。
つまり、道路付けに捉われず、その土地を最大限活かした間取りを考えることが重要です。

北側道路はコストパフォーマンスが高い?

一般的に南側道路の土地を好む傾向が高いがゆえに北側道路の土地は需要が少なく、その他条件がほぼ同水準とすると北側道路の土地は安く設定されることが多くあります。また、なんとなく南側道路の土地限定で探しているとなかなか予算に合った土地が見つからないこともありますが、少し視野を広げて北側道路の土地も見てみると、意外と条件の良い土地が予算よりも安く購入できたりすることもあるかもしれません。

北側道路土地のメリット

ここでは北側道路の土地で実現しやすい使い方をご紹介いたします。

前項で述べたように、南側道路の土地は、LDKを南側に配置するスペースが限られてしまいます。一方で北側道路の土地は、玄関や駐車場は北側に配置するため、南側全面にLDKを配置することができるのです。さらにその土地に余裕があれば、南側に庭を設けることで人目を気にすることなく洗濯物を干したり、お子様のプールやBBQなどを楽しむこともできます。プライベート空間を重視したい人におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。昔から南側道路の土地は好まれる傾向にありますが、工夫次第で北側道路土地ならではの素敵な暮らし方が実現できるかもしれません。
とはいえ、どんな暮らしを実現したいか一番に望むことは人それぞれですので、何を優先するのか、それがその土地で叶えられるのか、しっかりと見極めることが大切です。

その土地によって様々な法規制があり全て望み通りにはならない可能性もありますので、是非一度、土地探しから専門家に相談してみることをお勧めします。

トヨタホームでは、土地探しから分譲住宅などご要望に合わせて様々なご提案が可能です。自宅で気軽に相談できるオンライン相談も受け付けておりますので、ぜひ相談してみてくださいね。

トヨタホーム東京の
オンライン相談はこちら

ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンから、あなたの理想の住まいづくりを始めてみませんか?