車好きなら憧れる「ビルトインガレージ」メリットと注意点

車好きなら「いつかはビルトインガレージが欲しいっ!」と思ったことがあるのではないでしょうか。

建物とは別に敷地内にカーポートを設けるよりも、建物と一体構造のビルトインガレージは、使い勝手がよく、見た目もおしゃれで高級感があるイメージが浮かびます。

今回は、ビルトインガレージを検討している方に向けて、そのメリットや注意点をまとめていきたいと思います。

主な駐車スペースの設け方

敷地内に駐車スペースを設ける場合、大きく3つの方法があります。

カーポート

住宅の敷地内に、柱を建てて屋根を組んだ、簡易的な駐車スペース。扉や壁がないため設置コストが安く、開放感があるのが特徴で、自動車を雨や太陽光から保護することができる。

ガレージ

家屋とは別棟で敷地内に設けられた、おもに車やバイクなどを収納するための四方を囲まれた建物。家屋とは別に独立して設置されるのが特徴で、家屋内に設置されるものはビルトインガレージという。

ビルトインガレージ

車やバイクを格納するスペースを建物の内部に組み込んで設けられた車庫空間。シャッターやドアを設置したクローズタイプと、設置しないオープンタイプがある。

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージのメリットを挙げていきます。

車やバイクを風雨や紫外線から守りやすい

カーポートタイプの駐車場は、車が風雨にさらされやすくなり車体の汚れや劣化に繋がる可能性があります。一方、ビルトインガレージは、3方を壁で囲われており、ドアやシャッターなどで風雨を完全にシャットアウトできるので、車体をより保護しやすいといえます。

防犯性が高い

シャッターを閉めれば建物と一体化し、外部からの視線を遮り、容易に侵入ができないため、車の盗難やいたずらを防ぐ効果が高く、セキュリティ面でも高い安心感が得られます。

ガレージと居住スペースとの動線がスムーズ

ビルトインガレージは、ガレージと建物の居住スペースが繋がっているため、外を通らず建物内で行き来ができます。天気が悪いときでも外に出ることなく車に乗り込んだり、トランクの荷物を仕舞えるのは魅力的です

限られた敷地を有効的につかえる

建物とは別に敷地内につくるのではなく、建物に組み込む形になるので、敷地が狭くても駐車スペースを確保できます。また、車を置くだけでの場所としてではなく、車の修理をしたり、子供の遊び場としての活用もできます。

固定資産税が安くなるケースもある

面積によっては建物の容積率からガレージ分が除外されます。そのため建物の評価額が下がりやすく、固定資産税が安く抑えられる場合があります。

具体的には、ビルトインガレージの面積が建物の総面積の1/5を超えなければ、ガレージの分が容積率に含まれないことになります。節税を意識するなら、ビルトインガレージの面積に注意しながら設計しましょう。

ただし電動シャッターを導入した場合は、豪華な設備とみなされて課税対象になるケースもあります。詳しくは担当スタッフと相談しながら計画を立てていきましょう。

ビルトインガレージのデメリット

一見、メリットばかりのビルトインガレージにも、注意したい点はあります。

居住スペースの工夫

限られた敷地の中で設計する場合、1階の面積にも上限があります。その中で、1階にガレージスペースを設けることになるので、主な居住スペースを2階や3階にレイアウトする、といった工夫も必要になるかもしれません。

換気と遮音対策

ビルトインガレージは建物と繋がっているため、排気ガスやオイル、燃料のニオイなどが建物内に漂いやすくなります。そのため換気を考えた設計が必要になってきます。
また、エンジン音やドアの開閉音などの低音は建物に響きやすいため、遮音対策も検討したほうが良いでしょう。

構造体に注意

ビルトインガレージは建物の1階部分に大きな空間ができることになるので、耐震性を考えると強固な構造体にする必要があります。一般的な木造建築だと構造体の変更等で建築予算が増えるケースもあり得ます。鉄骨造などの大開口が作り易い構造体を選択することをお勧めします。

ビルトインガレージに必要な広さ

ビルトインガレージを作るには、どのくらいの広さが必要になるのでしょうか。

一般的な車両であれば、1台4~5坪ほど、2台であれば10坪程度を目安とすればいいでしょう。
ランボルギーニやフェラーリのような、特に大きなサイズの車両を置く予定なら、もう一回り大きな広さが良いと思います。

なお上述したように、ビルトインガレージの面積によって固定資産税額などに影響が出るので、実用的な面や税金面、さまざまな方向からどのくらいの面積がベストかなのかを考えることが大切です。

ビルトインガレージに欲しい設備

給電設備

現在は脱炭素の動きが高まり、電気自動車も徐々に普及してきています。
将来的に電気自動車を購入する可能性も考え、ビルトインガレージ内に給電設備の設置工事を施しておくか、いつでも設備を設置できるよう配線だけでも準備しておくと良いでしょう。

エアコン

愛車のコンディションを保つために除湿機能の優れたエアコンを設置する方も多くいます。
ゴムの劣化や車内のカビを防ぐため、24時間エアコンを稼働しっぱなし、という方もいるほどです。

照明器具

ガレージ内は壁に囲まれているため、シャッターを開けても薄暗い空間ですし、閉じると真っ暗になります。
車の出し入れはもちろん、車の鑑賞や清掃、メンテナンス、DIY作業の際には、少し明るすぎるくらいの照明があった方が便利でしょう。

収納

収納スペースがあれば、ガレージ内で機械いじりをする時の道具やゴルフ・キャンプ道具の片づけ時に役立ちます。
また、壁に掛けて仕舞うことができるフックがあるとなにかと便利です。

まとめ

ビルトインガレージは、大切な車を雨風や紫外線から守り、盗難やいたずらを防ぐだけでなく、趣味の空間として生活の質を豊かにしてくれる、とても素敵な場所です。
だからこそ「できあがったもののイメージと違った」など後悔しないよう、生活動線を想像しながらプランを考えてみてください。

トヨタホームは強靭な鉄骨構造を活かして、数多くのビルトインガレージを設計施工しています。

ビルトインガレージについて興味をお持ちの方は、ぜひ展示場でスタッフに相談してみてはいかがでしょうか。

トヨタホーム東京の
展示場来店予約はこちら

「家を建てようかな」と思ったら、まずは週末家族へ展示場へ。
土地探しや住宅ローンのご相談も大歓迎です。