家事時間を大幅短縮できる洗面所の工夫とは?

家事の中でも、洗濯は手間と時間のかかる作業の1つだと言えるでしょう。

ポンポン放りこまれた衣類を仕分け、洗濯機を回し、脱水後の濡れた重い衣類を洗濯かごに移し、ベランダまで運び、干し、乾いた衣類を取り込み、畳んで、それぞれの収納にしまう。

毎日、当たり前にする作業とはいえ、本当に大変な作業です。

そんな大変な労力を少しでも低減するためにも、家事動線や生活動線を考えることは非常に重要です。

そこで今回は、洗濯時間を大幅に短縮できる洗面所の工夫を紹介したいと思います。

洗面所の役割は人によって違う

家事をしない人にとって「洗面所」は、身だしなみを整えたり、お風呂に入るために着替える場所、という認識だと思います。

しかし、家事をする人にとって「洗面所」は、上記に加えて、洗濯をしたり、雨が続く日には洗濯物を仮干したり、と家事で過ごす時間の長い場所でもあります。

今は、ドラム式の洗濯乾燥機を置いたり、ガス管を引き込んで乾燥能力の高いガス乾燥機を設置する家庭も増えてきましたが、洗面所で洗濯から乾燥まで行い、キレイになった衣類を、寝室や子供部屋の収納スペースに何度も往復して運ぶ、という作業を毎日行うのは、大変な労力です。

洗面所にクローゼットがあると便利

そこで、洗面所にハンガーを掛けることができるパイプや収納スペースを設けてみてはいかがでしょうか。

洗面所内にハンガー掛けがあると、乾燥機で乾かした衣類、例えば洋服やワイシャツをハンガーに掛けて作業完了です。下着類や靴下など、畳んでしまうものは、引き出し収納を設けることで解決します。

洋ダンスを置くスペースを設けてもいいですし、新築時には壁面一体で使える括り付けのシステム収納を採用してもいいでしょう。

タオル収納用に、かご式のタオルストッカーを設けると、乾燥機から取り出して、軽く畳んでサッと仕舞えるので洗濯時間が短縮できるうえに、使うときには色や用途が一目でわかるので便利ですね。

アイロンカウンターが大活躍

洗濯機や乾燥機の近くにカウンターがあると、仕上がった洗濯物を一時的に取り出して、広げて、仮置きして仕分けるのに便利です。

カウンターでアイロンがけもできるので、半乾きのシャツを、その場でアイロン掛けしてハンガーにかければ、明日の準備は完了です

朝の身支度時に洗面台が埋まっていても、簡単な椅子と鏡を置けば、サブの化粧台にもなりますので、3役として使えます。

洗面所の湿気対策はしっかり行う

せっかく乾燥機で乾かした洗濯物も、洗面所で吊る干ししている間に、浴室からの湿気で湿ったりしては台無しです。また、乾燥機で洗濯物を乾燥すると、結構な量の湿気が乾燥機から放出されます。

そのため、浴室だけではなく、洗面所にも換気扇を設け、湿気対策を行いましょう。

さらに、全館空調システムがあれば、洗面所の湿度が常にコントロールされるので、居室同様、カビなどの心配がなく、クローゼット内の衣類も湿度の影響をうけることがないので、より快適な空間になるでしょう。

まとめ

脱水後のずっしりと重たい洗濯物を、洗濯機から洗濯かごに移し、バルコニーまで運び、ひとつひとつ干し、夕方、乾いた洗濯物をたたみ、それぞれの収納場所まで運び、しまう、という一連の家事は、本当に大変な重労働です。

洗面所に、洗濯乾燥機を置き、アイロンのできるカウンターや収納棚やハンガー掛け、引き出しなどの収納を作ることで、洗濯する、乾かす、干す、たたむ、しまう、の一連の作業を無駄な動き無く完結することができます。

効率的に家事をこなせることができれば、自由な時間が生まれ、家族とゆっくり過ごせる時間も増えることでしょう。

住宅展示場には、そのような工夫に溢れた見どころが詰まっています。

ついつい、大きなリビングや豪華なキッチンに目が向きがちですが、そのような細かな工夫にも注目しながら、住宅展示場を見学してみてはいかがでしょうか。

トヨタホーム東京の
展示場来店予約はこちら

「どんな洗面所にしようかな」と思ったら家族で展示場へ。
土地探しや住宅ローンのご相談も大歓迎です。