省エネ大賞を受賞しました

~〝クルマ″とつながる快適な ZEH※1~
「V2ZEH」が 2021 年度省エネ大賞を受賞

トヨタホーム株式会社(名古屋市東区泉一丁目 23 番 22 号、取締役社長 後藤裕司)は、このたび、クルマ※2の走行エネルギーも含めたゼロエネルギー住宅「V2ZEH」が、一般財団法人省エネルギーセンター主催の 2021 年度省エネ大賞 (製品・ビジネスモデル部門)において省エネルギーセンター会長賞を受賞しました。

省エネ大賞は、企業における優れた省エネの取り組みや先進的で高効率な製品やビジネスモデル等を表彰することにより、わが国全体の省エネ意識の高揚や先進的な製品やビジネスモデル等の普及を促進し、省エネ型社会の構築を目指すことを目的としています。

「V2ZEH」はクルマと家の電力を双方でやりとりできる V2H システムと ZEH を組み合わせることで、暮らしに加え移動の脱炭素化と経済性を両立します。装備については ZEH 基準の断熱性能にとどまらず、全館空調「スマート・エアーズ」など快適で高効率な設備を標準とし、更に太陽光発電も拡充。今後普及する電動車※2 の走行分の脱炭素も含んだ新たな概念の ZEH を実現します。

また、停電時にはクルマの電力を家全体に供給し、日常と変わらぬ生活が可能となります。

トヨタホームは今後とも脱炭素社会の実現にむけ、技術開発を進めて参ります。

 

※1 ZEH(ゼロエネルギーハウス):断熱性能を向上し、大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーの導入により、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅

※2 クルマ、電動車は、PHEV、BEV に限ります

 

「V2ZEH」について詳しくはこちら